AGA治療の費用の目安を治療プラン別に徹底解説!保険適用外なので注意

AGA

AGA治療を始めたいと思っている方は多いと思いますが、結局のところ毎月どのくらいの料金がかかるのかわからないということも多いでしょう。

毎月数万円単位の料金がかかるクリニックある一方で、4,000円弱から治療が始められるクリニックも存在します。

相場が結局いくらなのかよく分からないという方は多いはずです。

そこで、今回はAGA治療の費用の目安を治療プラン別に徹底解説していきます。

AGA治療は保険適用外なので、完全実費となる点も注意しときましょう。

AGA治療のプラン別に費用の目安(相場)を紹介

AGA治療のプラン別に費用の目安相場を確認していきましょう。

それぞれ目的別に料金は大きく異なるので、ご自身のAGAの進行度合い、目的、予算などに合わせて治療を選びましょう。

1.診察の費用について

診察費用
診察費用の目安・総額0円~10,000円(1回あたり)
内訳1:診察費0円〜5,000円
内訳2:血液検査0円〜5,000円
内訳3:マイクロスコープによる頭皮の診断0円〜5,000円

まずは診察の費用です。

診察費用の目安総額は0円から10,000円となっており、診察費がかからないクリニックも近年では多くなっています。

続いて血液検査ですが、こちらも無料のクリニックがある一方で、料金がかかるクリニックも多いイメージです。料金がかかる場合は1回5,000円前後が目安となります。

また、マイクロスコープによる頭皮の診断を行っているクリニックもあり無料の場合も多いですが、最大で5,000円程度料金がかかることがあります。

診察費やマイクロスコープによる頭皮の診断は無料ですが、一方で血液検査の料金だけがかかるというクリニックが多い印象です。

2.AGAの予防を目的としたプランの費用目安

AGAの予防を目的としたプランの費用目安
予防プランの目安:総額3,000円~10,000円(1ヶ月あたり)
内訳1:フィナステリド内服薬3,000円〜8,000円
内訳2:デュタステリド内服薬6,000円〜10,000円

続いてAGAの予防を目的としたプランの費用の目安になります。

こちらはAGAの予防、もしくは進行を防ぐことを目的としたプランなので、劇的に発毛が期待できるというわけではない点に注意しておきましょう。

基本的にこのプランの費用の目安は毎月3,000円から10,000円程度となっております。

フィナステリドという内服薬が3,000円から8,000円が目安で、もう一つのデュタステリドという内服薬が6,000円から10,000円が相場となっており、基本的にこちらの薬は併用されることはあまりなく、片方だけが利用されることが多くなっています。デュタステリドの方が高い分、効果にも期待できます。

料金に幅がある理由は「ジェネリック医薬品」や「院内オリジナル処方薬」など、クリニックそれぞれが成分は同じでも、薬品名は異なるものを提供しているからです。

3.発毛を目的としたプランの費用目安

発毛を目的としたプランの費用目安
発毛を目的としたプランの目安:総額5,000円〜20,000円(1ヶ月あたり)
内訳1:フィナステリド3,000円〜8,000円
内訳2:デュタステリド6,000円〜10,000円
内訳3:ミノキシジル3,500円〜8,000円

続いて発毛を目的としたプランの費用の目安となります。

発毛を目的としたプランの費用の目安は毎月5000円から20,000円程度となっており、フィナステリドの内服・デュタステリドの内服の料金+ここにミノキシジルの外用薬・内服薬が加わってきます。

ミノキシジルの外用薬は日本皮膚科学会でも効果が立証されているAGA治療薬で、発毛を促進する効果があるとされています。

 まず男性型脱毛症に関しては,2%ミノキシジル液を用いた 5 件のランダム化比較試験41)~45)を解析した,924名の男性被験者を対象とした観察期間 24 週のシステマティック・レビューにおいて55),2%ミノキシジル群ではプラセボ群に比べ,脱毛部の総毛髪数がベースラインより平均で 20.90 本(95%信頼区間 9.07~32.74)と有意に増加した.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

フィナステリド・デュタステリドでAGAの進行を防ぎつつ、ミノキシジルの外用薬で発毛を目指していくという方法が多くのAGAクリニックの発毛を目的としたプランにおいて主流とされています。

4.メソセラピーも併用する場合の費用目安

育毛メソセラピーの費用目安
メソセラピー費用14,000円〜60,000円/回

育毛メソセラピーの治療費用には、料金の幅がかなりあります。

メソセラピーは発毛が期待できる成分を頭皮へ直接注射するという治療方法です。メソセラピー単体で施術するケースは少なく、基本的に上記の「発毛を目的としたプラン」にプラスアルファで利用する事が多くなります。

メソセラピーにはさまざまな種類があり、痛みを可能な限り軽減したタイプのものや、細い針のついたローラーを用いるもの、電気刺激バルスや炭酸ガスを用いるもの、レーザー照射を用いるものなどがあります。

痛みの程度などが異なり、どのタイプと治療方法を選ぶかによっても料金が大幅に変わってくるのです。

5.自毛植毛を利用する場合の費用目安

自毛植毛を利用する場合の費用目安
自毛植毛を利用する場合の費用:総額300,000〜1,000,000円/回

自毛植毛とは、その名の通り自身のヘアサイクルが正常な髪の毛を細胞ごと、薄い部分へ移植する施術の事を言います。正常な髪の毛を移植した後、定着すれば生え変わった際にも太く育つ髪の毛が生えてくるケースが多く、根本的に治療できる可能性があります。

AGAは完治する事がないため、薬を飲む治療を行う場合は何年単位で付き合う必要があるため、根本治療の可能性がある「自毛植毛」はかなり魅力的な治療方法です。

ですが、自毛植毛は料金がとても高く、だいたい300,000円~1,000,000円の予算が必要になります。自毛植毛の料金は植毛する毛の本数辺り○○円という設定が多く、植毛本数が増えると料金も高くなります。

自毛植毛に限った話ではありませんが、AGAの薄毛治療は保険適用できないため、どうしても料金が高くなりがちです。

6.その他「シャンプー」「トリートメント」「サプリ」の料金について

その他の料金相場
シャンプー・トリートメント3,000円〜6,000円
サプリ3,000円〜8,000円

AGAクリニックの中にはシャンプーやトリートメント、サプリなどを追加の追加購入を勧めてくるものも多くあります。

料金は含まれる成分やクリニックによって大きく異なるのですが、シャンプー・トリートメントがおよそ3,000円〜6,000円、サプリが3,000円〜8,000円程度です。

しかし、AGA治療において大事なのは「フィナステリド」や「デュタステリド」を使ったAGAの予防+「ミノキシジル」を使った発毛です。サプリは付加価値に過ぎず、基本的には使用しなくても問題ないでしょう。ただ、生活習慣や食べ物があまり良い感じではない方は、利用するのも一つの手です。

クリニックによっては「サプリやシャンプー、トリートメントは必須」と言ってくる場合もありますが、無理に利用する必要は全くありませんし、押し売り感が強い場合はそもそも治療プランの料金が適切かどうかも怪しいので、一旦他のクリニックの無料カウンセリングも利用することをおすすめします。

AGAの治療は数年単位となるため、長期間費用がかかる

AGA治療は最低でも1年、基本的に数年単位で必要なので、必要な予算は考えておこう!

AGAの治療は残念ながら「髪の毛が生えたら終わり」というわけにはいきません。

なぜならばAGAは進行性の病気であり、完治という概念が存在しないからです。

AGA治療を行い、すっかり髪の毛が生え揃い、一旦治療を完全に止めても大丈夫と判断される場合もありますが、基本的には髪の毛が生えてからもAGAの進行を防ぐ薬はそのままの量、または少し減らした量を利用し続けていく必要があります。

つまりAGAの治療は半永続的に続きますし、少なくとも数年単位となるため長期間費用がかかります。

よって毎月の数百円の差が最終的に長い目で見ると大きな差になりますので、料金においても妥協せずに、自身が毎月数年単位にあたって払っていける金額かどうかをしっかりと判断した上で治療を始めるようにしましょう。

AGA治療費のクリニックによる違いについて

AGA治療費は安いところを選んで問題ない!

AGAの治療費はクリニックによっても大きく異なってきます。

一概に「安いクリニックだからよくない」「高いクリニックだから良い」というわけではありません。

AGAの治療方法は確立しているため、使っている薬の成分はどこでも同じです。クリニックによって料金が違うのは「ジェネリック医薬品を使用している」「院内処方のオリジナル薬を使っている」「サプリなどを併用して提供している」「クリニックの土地代や人件費」などが考慮された結果になります。

そのため、治療プランを見て希望の薬があるところで、安いAGAクリニックを選んでおいて問題ありません。

また、基本的にオンライン特化型のAGAクリニックは料金が安い傾向にあります。

オンライン治療を主流としているクリニックでは、月3,000円台から治療を始められるクリニックもあるなど、かなり料金が安くなっています。

店舗の運営費や人件費などがかからず、そのぶん利用者に格安の料金という形で還元できているのが大きな特徴でしょう。

AGAの治療費は保険適用外となるので注意

残念ながらAGAの治療費は保険適用外となってしまいます。

AGAの治療費が保険適用外となる理由などについて、一緒に確認していきましょう。

AGA治療が自費診療となる理由について

残念ながらAGA自費診療となってしまいます。

これはなぜかというと、基本的に保険が適用される治療というものは「命の危険に関わるもの」もしくは「日常生活を送るにあたって著しい障害が発生することを防ぐ」といった目的に限られるからです。

AGAが進行し、髪の毛が薄くなってしまうことで生活に支障をきたす可能性もありますし、人によっては他の、保険適用内となる治療よりもよほど緊急性を要すると考える方も多いでしょう。

しかし残念ながら、現在の日本ではAGAが進行し髪の毛が薄くなってしまったとしても「生活に支障がない」「命に別状はない」と判断されてしまうので、AGA治療は自費診療となってしまうのです。

発毛・薄毛外来や皮膚科でも保険は適用されない

また、保険適用外となるのはAGA専門のクリニックだけではありません。

発毛や薄毛の外来皮膚科でも保険は適用されません。

つまり全国にいくつかあるAGA治療薬を処方してくれる皮膚科や内科などでも、保険適用で治療を受けることができないので完全実費になりますし、植毛やその他薄毛外来においても保険は適用されません。

まとめ

今回はAGA治療の費用の目安を治療プラン別に徹底解説するとともに、保険適用外である理由や皮膚科などで治療を受ける場合でも保険が適用されたい理由についてご紹介してきました。

AGA治療は残念ながら保険が適用されませんので完全実費となってしまい、決して安い料金で受けられるものではありません。

また、進行性の完治しない症状であるということで、少なくとも数年間は治療継続する必要があります。

よって、少しでも料金が安いクリニックを利用する必要があるので、あらかじめリサーチを行った上でご自身が納得できるAGAクリニックで治療を受けるようにしましょう。