医療脱毛とは?

毛根よりも浅い位置にある「バルジ領域」を破壊する新型マシン「メディオスター」で、肌への負担を抑えてスピーディーな脱毛が可能です。きれいなつるスベ肌をいち早く実感してください。

メディオスター

メディオスターの特徴

  • 医療脱毛なのに痛みが少ない
  • エステとは違い永久脱毛ができる
  • 細い毛や薄い毛にも効果がある
  • 冷却機能で肌ダメージを最小限に
  • ニキビ肌や敏感肌にも照射できる

PRICE LIST医療脱毛の施術料金

※全て税別価格です。

単発脱毛メニュー

※全て税別価格です。

都度単発脱毛1回
¥14,000
VIO¥14,000
全身¥42,000
見えるところ(両腕・手指甲・ひざ下・足指甲・鼻下)¥20,000
四肢¥20,000

女性VIO脱毛

※全て税別価格です。

1回¥14,000
5回コース¥65,000(1回あたり¥13,000)
8回コース¥88,000(1回あたり¥11,000)

男性VIO脱毛

※全て税別価格です。

初回トライアル¥20,000
1回¥28,000
5回コース¥125,000(1回あたり¥25,000)
8回コース¥200,000(1回あたり¥20,000)

男性ヒゲ脱毛

毎日のヒゲ剃りをラクにしたい、清潔感をアップさせたいという男性に人気のヒゲ脱毛。脱毛範囲は、両頬・口周り・あご下・首です。

※全て税別価格です。

1回¥14,000
5回コース¥65,000(1回あたり¥13,000)
8回コース¥88,000(1回あたり¥11,000)

全身脱毛(顔とVIOを除く)

※全て税別価格です。

1回¥42,000
3回コース¥120,000(1回あたり¥40,000)
5回コース¥170,000(1回あたり¥34,000)

セレクト脱毛

Sパーツ、Mパーツ、Lパーツ、同じパーツ内の10部位の中から好きな箇所を選んで脱毛できます。

 1回5回
Sパーツ(両脇・ひじ・ひざ・乳輪・へそ・足指甲・V上部・鼻下・眉間・あご)¥6,000¥27,000
Mパーツ(手指甲・うなじ・V・I・O・乳輪周り6cm四方・へそ周り6cm四方・両頬、あご下・額)¥9,000¥42,000
Lパーツ(ひじ上・ひじ下・ひざ上・ひざ下・腹部・デコルテ~胸・背中上・背中下・ヒップ・口周り)¥14,000¥63,000

Sパーツの脱毛範囲

両脇・ひじ・ひざ・乳輪・へそ・足指甲・V上部・鼻下・眉間・あご

1回¥6,000
5回¥27,000(1回あたり¥5,400)

Mパーツの脱毛範囲

手指甲・うなじ・V・I・O・乳輪周り6cm四方・へそ周り6cm四方・両頬、あご下・額

1回¥9,000
5回¥42,000(1回あたり¥8,400)

Lパーツの脱毛範囲

ひじ上・ひじ下・ひざ上・ひざ下・腹部・デコルテ~胸・背中上・背中下・ヒップ・口周り

1回¥14,000
5回¥63,000(1回あたり¥12,600)

ショット打ち脱毛

気になる狭い範囲だけを脱毛したい方におすすめです。1回分が2cm四方に収まる範囲での照射になります。
※毛を剃ってしまうと照射範囲がわからなくなるため、生やした状態でご来院ください。

※全て税別価格です。

ショット打ち脱毛1回
1カ所(VIOと顔を除く2cm四方以内)¥3,000(剃毛代込み)

FEATURE医療脱毛機器メディオスターの特徴

メディオスターの大きな特徴は、「発毛を命じるバルジ領域を破壊する」という点です。これまでは、ムダ毛を無くすためには「毛根の毛乳頭を破壊する」ことが重要だとされ、医療脱毛用マシンも毛根の濃いメラニンにレーザーの熱が集中するように開発されてきました。そのため、効果の高さに比例して痛みが強く、赤みが出やすいといったデメリットがありました。

しかし近年、毛根よりも浅い位置にある「バルジ領域」の存在が明らかになり、そこが発毛を命令する毛幹細胞であることが分かってきました。つまり、バルジ領域を破壊すれば毛の太さに関係なく脱毛できるので、より効率的に永久脱毛ができます。

この新たな研究に基づいて開発された最新マシンが「メディオスターNeXT PRO」なのです。
メディオスターでは810nmと940nmの複数のパルス(波長)を同時に出力することで、バルジ領域と毛根の毛母細胞の両方にダメージを与えることができます。毛根よりも浅い箇所にあるバルジ領域を狙うために「蓄熱方式」を採用し、低温で少しずつ加熱するので従来のレーザー脱毛よりも痛み軽減されます。

<従来のレーザー脱毛のデメリット>
・痛みが強い(バチっと弾くような痛み)
・赤みが出やすい(やけどのリスク)

<メディオスターNeXT PROのメリット>
・発毛を命じるバルジ領域を破壊できる
・痛みが少ない(皮膚がじんわり暖かくなる感じ)
・毛根が太くない細い毛やうぶ毛にも効果アリ

メディオスターNeXT PROは、発毛を命じるバルジ領域を低温で破壊する「蓄熱方式」だから痛みやお肌への負担がなく、従来よりも効果がアップしています。

メディオスター独自のメカニズム

Point1 バルジ領域を破壊することで脱毛効果がUP

毛根の断面図

バルジ(毛の種をまく発毛因子)を2種類のレーザーを使用することで破壊、より効果的な脱毛効果を実感できます。
従来の脱毛では、毛根の毛母細胞から毛のもととなる細胞が発生してくることにより、毛が生えてくるというのが定説でしたが、最近の薄毛研究から生まれた理論では、皮脂腺の下部にあるバルジと呼ばれる部分から毛の発毛因子を出すことが分かってきました。今までの毛乳頭部分を破壊するのみでは、毛は再生されてしまうのです。そこで、「メディオスター」は2種類のレーザーを使用することで、バルジを効果的に破壊し脱毛します。

Point2 強力な冷却装置を搭載しており、皮膚のダメージを軽減

メディオスター

脱毛で気になるのが熱による痛みと肌へのダメージですが、「メディオスター」はハンドピースに強力な冷却装置(米軍でも採用されている低電圧で動作する高機能なコンプレッション冷却)を搭載しておりますので、やけどのリスク、熱による痛みが従来の脱毛器よりも痛みが少ないのが特徴です。
また、冷却温度は3種の温度設定が可能ですので、患者様のお肌に合わせた温度調整が可能です。

Point3 ダブルパルスシステム×スムースパルステクノロジー

2種類の波長を照射することができ、 治療過程によって複数台のレーザー機器を使用せず、1台で高い脱毛効果を得ることが可能となりました。
「メディオスター」は810nm/940nmの2種類の波長を照射することができます。治療過程によって複数台のレーザー機器を使用せず、1台で高い脱毛効果を得ることが可能となりました。アジア人に合わせた深部に到達する940nmの波長のダイオードレーザーで、効果的にスピーディーに広範囲の治療ができるようになりました。
また、「メディオスター」はスムースパルステクノロジーを採用しています。
1回でレーザーを照射するのではなく、レーザーを細かく照射し徐々に熱を入れていく蓄熱式脱毛なので、従来の医療脱毛機のように“痛い脱毛”ではなく、痛みを軽減して脱毛することができます。

従来の脱毛方法との違い

従来の脱毛方法

強いレーザーを短時間当てることで毛根の温度を上昇させ、脱毛する

毛幹の温度が大きく上がるため、やけどの危険性が高い

当クリニック採用の脱毛方法

スムースパルステクノロジー
当院採用の脱毛レーザーは浅い位置にある毛根へのエネルギーの源、毛包幹細胞を主なターゲットとしています。
必要最低限の温度で痛みを抑えながら、より効果の高い脱毛ができます。

 当院採用の脱毛レーザーカミソリで自己処理エステで光脱毛一般的な医療用レーザー
効果
痛みの少なさ
安全性
施術の早さ
手軽さ

FLOW医療脱毛の施術の流れ

カウンセリング・診察
カウンセリング医師とのカウンセリングでお肌の状態をしっかりと確認します。
ご希望やお悩みなど、お気軽に医師にご相談ください。
前日のシェービング
脱毛用レーザー照射の効果を高めるため、前日までに脱毛箇所をシェービングしてください。肌に優しい電気シェーバーを使うことをおすすめします。手の届かないOラインの剃り残しやその他剃り残しは当日シェービングを承ります(有料)。
洗顔
パウダールームにてお顔のメイクを落としていただきます。メイク落としはご用意しております。
※事前にメイクを落として来院いただけると、待ち時間も少なくスムーズです。
※全身についても脱毛当日は日焼け止めクリーム等をご使用にならないでください。
施術
所要時間は約40分〜140分です。
※コースによって所要時間が違います。

1. ジェルの塗布
ジェルを塗り、肌をほどよく冷却して保護するとともに光の浸透を高めます。

2. 照射
メディオスターNeXT PROで照射していきます。肌状態に合わせて照射出力等を調整し、事前にテスト照射を行ったうえで皮膚に均一に照射していきます。

3. クールダウン・保湿
ジェルを拭き取り、赤みの発生を抑えるため適宜クーリングします。

4. 肌状態のチェック
施術後に肌状態のチェックを行って終了です。看護師・カウンセラーから施術後の注意点や肌ケア方法についてもご説明します。

AFTERCARE医療脱毛のリスクと保証・アフターケア

クリニックの医療レーザー脱毛は、光エネルギーによる熱を発生させて脱毛する方法です。そのため、施術後の肌は熱ダメージを受けた状態となります。肌のバリア機能も一時的に低下するため、施術後は保湿と日焼け止めをしっかりと行ってください。施術効果を高めると同時に肌への負担を軽減するため、通院に際しては次の点にご注意ください。

施術当日のメイク 肌への強い摩擦刺激は避けてください。
施術当日の入浴 入浴できますが、当日は湯船につかるのは避け、弱めのシャワーを浴びる程度で済ませてください。洗顔はぬるま湯で優しく行い、顔に直接シャワーを当てたりしないでください。
施術当日の禁止行為 ・飲酒
・発汗作用を伴う激しい運動
・長時間の入浴、サウナ、岩盤浴、マッサージ等
その他の禁止事項 ・日焼けをすると肌のダメージ及び脱毛時のやけどのリスクが高まるため、日頃から十分な日焼け対策をしてください。日焼けした場合は、鎮静化後に施術できます。
・毛抜きによる自己処理はしないでください。毛根が無くなりレーザー脱毛の効果が低下します。

なお、医療機関で行う医療レーザー脱毛にもリスクはあります。リスクとして考えられるのは、脱毛時の痛み、脱毛直後の皮膚の赤みやかゆみ、皮膚の炎症や火傷、毛嚢炎などです。

脱毛時の痛みについて ・脱毛時の痛みの感じ方には個人差がありますが、一般的に、肌にレーザーを当てるときに輪ゴムで弾かれたようなパチッとした痛みがあります。
・毛の太い箇所や、骨が出っ張った関節部分は痛みが増す傾向があります。
施術後の赤みについて 脱毛後には赤みが出ることがありますが、かゆみが出てがまんできない場合は清潔な冷やしタオルを当ててクーリングしてください(冷やしタオルか保冷剤でクーリングすることを推奨します)。

INFORMATION医療脱毛施術情報

有効な施術回数 当院の脱毛は5回〜8回でお手入れが楽になり、12回〜15回程度で自己処理がほとんど必要なくなる状態になります。脱毛間隔は約1ヶ月半〜2ヶ月に1回の施術が目安です。※効果には個人差や部位差がありますので、お肌の状態や毛質・毛量によって回数は異なります。
施術時間 施術時間約40分〜140分。※部位によって所要時間が異なります。
ダウンタイム ダウンタイムはありません。施術後は少し赤みが出る場合があります。
お客様で必要な事前準備 前日に施術部位の剃毛をしていただきます。
禁忌事項 ・妊婦の方、授乳中の方、日焼けしている方、肌に傷のある方への施術はできません。皮膚疾患や持病のある方は必ずお申し出ください。

医療脱毛をされる患者様へのお願い

日焼けした肌は火傷リスクが高く施術できませんのでご注意ください

医療レーザー脱毛の熱はメラニンに反応するため、色素沈着がみられる肌色が濃い部位や日焼けした肌では火傷のリスクが高まります。ただし、日焼けした場合は肌色に戻らなくても鎮静化していれば脱毛はできます。
また、脱毛後は1ヶ月等日焼けをしないでください。

日頃から、帽子や日傘、長袖などの日よけと日焼けクリームの塗布など、十分な紫外線対策をお願いいたします。また、日焼けは肌を乾燥させ肌トラブルの元になるため、保湿対策も心がけてください。

患者様ご自身で必ずシェービングをお済ませください

当クリニックでは衛生面・スムーズな施術のためにご自身でのシェービングのご協力をのお願いをしております。

*毛抜きでの自己処理はしないでください
毛抜きで抜いていてしまうと毛根がなくなってしまうため、照射しても効果があまりなくなってしまいます。
毛根を抜くことにより肌が傷ついて、毛嚢炎などの肌のトラブルの原因になります。期間中はカミソリやシェーバーで剃って処理をして下さい。

*照射の前日または当日までにシェービングをお済ませください
うなじ・背中・腰・Oラインに関しましては手の届く範囲でのシェービングでかまいません。
剃り残しがあると、表皮の毛にも光が反応して脱毛効果が弱くなってしまいます。照射時の痛みが強くなるリスク、炎症や肌荒れなどの皮膚トラブルの原因になります。

シェービングされていない場合、シェービング代(¥1000+税)を頂戴いたします。また剃り残しが多い場合、照射ができない箇所が生じることがあります。

シェービングの上手な処理方法

シェービングのPOINT

  1. 皮膚がたるまないように伸ばし、毛の流れに逆らってゆっくり。
  2. 身体の外側から内側に向かって進めていきます。
    腕の外側や脇腹など、見えにくいところもしっかり処理する工夫です。
    意識して見ないと産毛を見逃してしまうので確認しながら進めましょう
  3. ワキなど入り組んだ部位は、いろいろな方向から刃を当てるとキレイになります。

デリケートゾーンのシェービング

  1. 毛質が太く、硬い毛はあらかじめハサミなどで短くカットしましょう。
  2. 蒸しタオルなどをあて、毛を柔らかくする。
  3. 毛の流れに逆らってシェービングしてください。

注意:処理後は肌荒れや乾燥を防ぐためにしっかり保湿ローションやクリームで保湿をしましょう!!

医療脱毛についてよくいただくご質問

生理中のレーザー脱毛はできますか?
生理中はVIO・ヒップの脱毛施術ができません。生理前後3日間は肌がとても敏感になりホルモンも変動しているため、脱毛施術の予約を避けていただくようお願いいたします。不正出血であっても施術はできません。
レーザー脱毛の痛みはどれくらいですか?
メディオスターNeXT PROは従来のレーザー脱毛よりも痛みが少ない機械です。しかし痛みの感じ方には個人差があるため、脱毛用のレーザーを照射する際に、皮膚が暖かくなって軽くパチパチする感覚があったり、皮膚を輪ゴムで軽くはじかれたりしたような痛みを感じる方もいます。また、毛の太い箇所や、皮脂の少ない関節部分(骨が出っ張っている部分)は痛みが出やすい傾向があります。
もしも施術中にがまんできないときは照射出力等を調整しますのでご遠慮なくお申し出ください。
医療脱毛とエステでの脱毛の違いはなんですか?
脱毛サービスはエステサロンにもありますが、発毛する元である毛乳頭を破壊することは医療行為に当たるので、永久脱毛はクリニックしか行えません。エステの光脱毛は何回受けても、1年後、数年後にはまたムダ毛が再生してしまうことが最大の問題です。

医療脱毛とエステでの脱毛の違いについて

永久脱毛
医療脱毛
できる。医療脱毛マシンのみが毛包を破壊できる。
エステ(光脱毛)
できない。医療行為である毛包の破壊ができないため、毛が再生する。
トラブル対応
医療脱毛
万が一の場合は医療の処置を行える。
エステ(光脱毛)
医療処置を迅速に行うことができない。
通院回数
医療脱毛
5回から8回の施術で約9割の方が効果を実感して脱毛完了となる。(個人差あり。)
エステ(光脱毛)
数年たっても繰り返しムダ毛が生えるため通院が終わらない(料金がかさむ)。
予約の取りやすさ
医療脱毛
少ない回数で終了となるので、予約が取りやすい。
エステ(光脱毛)
低価格で顧客を増やし続けるため、予約が取りにくい。