ABOUTBNLS 脂肪溶解注射とは?

BNLS注射(BNLS neo® 注射)とは、脂肪溶解剤を注入することで皮下の脂肪細胞を溶かして取り除き、小顔効果や部分痩せ効果が得られる治療方法です。
BNLS注射は、メスを使わずに自然な引き締め(タイトニング)ができる美容医療として人気でしたが、新製剤BNLS neo ®の誕生によって、ますます注目度が高まっています。


新しいBNLS neo ®はたった2、3日で脂肪減少効果が実感できるなど、従来の方法に比べて多数のメリットがあります。

BNLS注射の脂肪減少効果

BNLS 脂肪溶解注射で改善できる症状

フェイスラインのふくらみ(小顔)、頬のたるみ、鼻のふくらみ(小鼻)、お腹のたるみ、二の腕のたるみ

MEDICAL TREATMENTBNLS 脂肪溶解注射 施術メニュー

小顔注射(頬、フェイスライン)
頬のたるみ改善・鼻のふくらみ改善(小鼻)
お腹のたるみ改善・二の腕のたるみ改善

施術箇所

頬、小鼻、あご、フェイスライン、二の腕、お腹。

PRICE LISTBNLS 脂肪溶解注射の施術料金

BNLS 脂肪溶解注射
1本(1cc)¥5,000(所要時間約35分)

※全て税別価格です。

BNLS注射 顔の施術箇所
BNLS注射 体の施術箇所

FEATUREBNLS 脂肪溶解注射の施術の特徴

BNLS注射は、「自然に美しく痩せる」ことが大切なフェイスダイエット(顔痩せ・小顔)に適した部分痩せ治療です。
単に脂肪を溶解して取り除くだけでなく、血管の強化リンパの循環排出を促す作用肌のたるみ改善や引き締め効果といったタイトニング作用があります。

BNLS注射の効果

これら3つのアプローチが一緒に作用して、顔痩せ・小顔の効果を発揮します。
BNLS注射によって皮下の脂肪細胞の数自体が減少するため、仕上がりが自然で、後々リバンウンドしにくいという副次的効果も期待できます。

BNLS注射によるフェイスダイエットは、メスを使う必要がないため、痛みがほとんどなく、腫れや出血などのダウンタイムがないことも特徴です。

BNLS 脂肪溶解注射で使用する製剤

BNLS neo®とは

BNSL neo®は植物由来成分をメインとした脂肪溶解・輪郭形成注射剤です。
BNSL neo®には、従来のBNLSには入っていなかったデオキシコール酸が配合されました。デオキシコール酸は米国FDAで脂肪分解効果が認められた医薬品成分。脂肪細胞膜を破壊し、他の成分との相乗効果により、余分な脂肪細胞を効果的に取り除きます。

BNSL neo®は、注射して3日間ですっきりとスリムな小顔が手に入ることが大きなポイント。簡単で・早くて・効果的な美容医療です。

BNLS neo®とは

BNLS neo®の有効成分
セイヨウトチノキ(マロニエ)、ペルシアグルミ、アデノシン三リン酸(ATP)、アデノシンリン酸二ナトリウム、チロシン、ヒバマタ(海藻)抽出物、メチルプロパンジオール、マンヌロン酸メチルシラノール、デオキシコール酸

BNLS neo®の効果

1回でも効果は得られますが、十分な効果を出すために3回程度の治療をおすすめします。
1回施術し、最短で1週間後に2回目の施術を行うこともできるので、非常に短期間で部分痩せをすることが可能です。
治療後はわずか2、3日で脂肪量の変化が実感できます。

BNLS neo®とフォスファチジルコリン及び他の脂肪溶解溶液との違い
 BNLS neo®他の脂肪溶解溶液
効果の速さ1週間間隔で治療可能1回の治療に通常
2・3週間を要する
治療間隔の短さわずか2~3日で脂肪量が変化最低2・3週間経たないと
脂肪量の変化が確認できない
術後の浮腫(むくみ)や熱感生じない浮腫が出たり(2~4日間)
熱感が生じたりする

BNLS 脂肪溶解注射の効果をアップするために

BNLS注射は脂肪を溶解するとともに脂肪細胞そのものを減少させます。その際に除去された脂肪細胞は元に戻らないため、リバウンド抑制効果が期待できます。
ただし、施術箇所のすべての脂肪を除去できるわけではなく、生活習慣によっては残った脂肪細胞が大きくなり、見た目が施術前と同じような状態に戻ってしまうことがあります。

そのため、脂肪を溜め込むような生活習慣には十分注意してください。BNLS治療を続けるとともに、バランスのとれた食事や適度な運動などを心がけることがとても大切です。

なお、BNLS注射後は有酸素運動をすることで効果のアップが期待できます。

FLOWBNLS 脂肪溶解注射の施術の流れ

カウンセリング・診察
カウンセリング医師とのカウンセリングでお肌の状態をしっかりと確認します。ご希望やお悩みなど、お気軽に医師にご相談ください。
洗顔
パウダールームにて施術部位のメイクを落としていただきます。メイク落としはご用意しております。
※事前にメイクを落として来院いただけると、待ち時間も少なくスムーズです。
表面麻酔
部位によって麻酔をするかしないか決定
施術
注射所要時間は約10〜30分です(箇所により異なります)。 施術箇所にBNLS(小顔注射)を行った後、冷却します。

AFTERCAREBNLS 脂肪溶解注射施術後のアフターケア

BNLS注射による治療を行なった翌日以降3日間は、有酸素運動を1時間程度行うとより良い結果が得られます(踏み台昇降、ウォーキング、エアロビクスなど)。有酸素運動をすると、BNLS注射によって溶けた脂肪を燃焼させて減らすことができると考えられています。


施術効果を高めると同時に肌への負担を軽減するため、通院に際しては次の点にご注意ください。

施術当日のメイク当日からメイク可能です。
肌への摩擦刺激はさけてください。
施術当日の入浴洗顔は当日からOK、長時間の入浴は禁止。
施術当日の禁止行為飲酒、サウナ、ホットヨガ、岩盤浴等。
その他の注意事項注射当日は、治療箇所に触れたりマッサージしたりしないこと。(翌日以降はOK)

INFORMATIONBNLS 脂肪溶解注射施術情報

有効な施術回数2週間に1回を3回治療する事が1クール。
治療時間表面麻酔約20分、施術約15分、合計所要時間約35分。
ダウンタイムダウンタイム(注射による腫れや内出血)はほぼありません。※個人差があります。
お客様で必要な事前準備治療前の洗顔。
禁忌事項・甲状腺疾患を持つ患者様、妊婦の方、授乳中の方、妊娠の可能性のある方、使用する薬剤の成分に過敏症感染性皮膚疾患がある方への施術はできません。皮膚疾患や持病のある方はお申し出ください。
・施術当日は治療箇所に触れたり、マッサージしたりしないでください。(翌日以降はOK)
・当日の飲酒は控えてください。

BNLS 脂肪溶解注射において推奨する併用治療、およびホームケア

BNLS注射と、えらボトックス注射を併用することで、より小顔効果が期待できます。
続けて施術をご希望の方はご相談ください。

BNLS 脂肪溶解注射の安全性について

脂肪細胞反応試験(in vitro)の結果より、BNLS(小顔注射)はヒトの細胞に対して無害と考えられます(脂肪細胞の減少は確認できるが、細胞壊死は見られないなど)。
BNLS neo®で新たに配合されたデオキシコール酸は米国FDAで脂肪分解効果が認められていす。

BNLS 脂肪溶解注射のリスクについて

注射箇所に内出血ができる可能性がありますが、1週間程度で消失します。
また、BNLS注射で全ての脂肪細胞を除去できるわけではなく生活習慣により元の状態に戻る可能性があります。
万が一、異常を感じた場合は速やかにご相談ください。

BNLS 脂肪溶解注射についてよくいただくご質問

BNLS注射の効果はいつから現れますか?
ある程度の脂肪量がある箇所であれば、1回の治療でも3日〜1週間で脂肪量の変化が実感できます。効果的な回数や注射の本数については、どの箇所をどの程度タイトニングされたいかによっても違いますので、ご希望に合わせて決定します。
一般的に、満足度の高い小顔効果やタイトニング効果を得るには、3回程度の施術が推奨されます。
BNLS注射はリバウンドしないのですか?
注射によって溶解し除去された脂肪細胞が元に戻ることはないため、基本的にはリバウンドはありません。
ただ、残った細胞が大きくなることはあるため、リバウンドを防ぐにはバランスのとれた食生活や適度な運動などの生活習慣が不可欠です。
BNLS注射と脂肪吸引との違いはなんですか?
脂肪吸引は吸引菅を挿入するなど痛みが避けられません。物理的な吸引のため効果はありますが、腫れや痛みが1ヶ月近く続くなど負担も大きいと言えます。その点、BNLS neo®はダウンタイム(痛み)がほとんどなく、治療後数日で効果を早く実感できるうえ、術後の腫れや熱っぽさも生じません。BNLS注射は手軽で自然な仕上がりが特徴の部分痩せ法です。